nanoem for OSX 公開開始しました


  • 10477
    View
  • 0
    いいね
  • 0
    コメント

現在の最新版は 1.14.1.0 です(実質的に別物となった開発版は 1.15.0.0

以下は http://blog.hikarin.jp/2015/06/nanoem-for-osx.html の記事を potmum 向けに移植したものです。随時更新されます

nanoem ってなんぞ?

かつて配布してた OSX 向けの MMD 互換アプリケーションである MMDAI2/VPVM の後継っぽいものとして開発された MMD 互換アプリケーションです。機能性をある程度持たせつつも軽さを重視した設計となっています。

ただし、全面的な書き直しのため MMDAI2/VPVM とのプロジェクトの互換性は持っていません。また、ユーザインタフェースも全然違います。

加えて (一応 Windows 版もありますが) OSX 向けなので絶対的なユーザ数は少なく使ってる人を探すのが難しいです。そのため、nanoem に関する情報に乏しく、助けが得にくいです。そのことを考慮したうえで使ってください。

ダウンロードするには?

MMDAI2/VPVM とは異なり承認制ではありませんが、ダウンロードするには事前に bowlroll へのログインが必須です。

  • Twitter
  • Facebook
  • GitHub

上記のいずれかのアカウントでログインして bowlroll へ (OAuth 経由で) ログインして上の最新版のリンクをたどってください。

32bit 版について

公開配布されている 64bit 版は 10.9 以上が必要ですが、10.9 未満の方のために 32bit 版を用意しています。※要問合せ

詳細については「nanoem for OSX 32bit 版についてのお知らせ」を参照してください。

ヘルプがほしいけどだれに聞けばいいかわからない

Twitter で #nanoem_help というハッシュタグをつけると誰かがひろってくれるかもしれません(答えられるものは @shimacpyon がひろいますが1日以上放置されてたら @shimacpyon 以外の誰かが答えてあげてください)

やりたいことがあるけど nanoem で実現するにはどうすればよいのかきくときは #nanoem_howto をつけてツイートしましょう

とりあえず何をすればいいの?

gitbook のページに移動しました

不具合が見つかったんだけど?

再現性があること(複数回やって同じ問題が発生すること)を確認して再現手順を記す動画をできれば添付して 「送り先」のところに送ってください。また、下記リンクの内容と重複してないかも確認してください。

クラッシュではないが不具合っぽいものが見つかった場合は「送り先」で問い合わせてください。

不具合報告時の注意

  • 内容が「開発者から見て」あまりに粗雑だと対応しません
    • 例えば「なんかクラッシュするけど対応して」とか
  • クラッシュレポートに連絡先を書く項目がありますがこちらから連絡しません
  • bowlroll のページにあるコメントを書いても返信しません
  • 物理演算有効時にモデルが貫通する問題は不具合として扱っていません

送り先

nanoem の Feedback のページ に送ってください。「不具合報告時の注意」にあるように内容が不十分だと返信せず無視します。

Twitter の DM による不具合報告は現在受け付けていません。上記の Feedback のページの方に問い合わせをお願いします。

コメント

コメントを投稿するためにはログインが必要です。